クレジットカードを皆さんはお持ちでしょうか。まだ、そういったクレジットカードを持っていない方がいましたら、それは非常に損をしているかもしれません。なぜなら、クレジットカードにはそれを利用するメリットが沢山あるからです。

まず、そのメリットとしては、現金での支払いをしなくて済むということがあります。日常生活の中で利用するお店の支払いの大半が、現金での決済だと思われますが、これを利用すればカード一枚あれば簡単に決済ができるようになります。現金での支払いとなると、支払い金額を見てお札や硬貨を財布から取り出して数を数えなければなりません。

それに対してカードの場合は、カード一枚を店員さんに渡せば「ピッ」とレジの読み取り機に通して支払いが完了します。なので、スピーディーな決済ができますし、利便性に優れています。さらに、その支払いは後日銀行口座などから引き落としになりますので、現金がないときにも重宝してきます。

その他にも、分割やリボといった支払い方法ができますので、家電製品など金額が高い商品を購入するときにも便利です。以上のようなおすすめの機能やメリットがありますので、クレジットカードは本当におすすめです。作る為の条件や審査も最近は甘くなってきましたので、持っていない方はぜひ作って見ましょう。

 

色々比較した結果ANAカードに決定

海外旅行が好きなので、マイレージカード兼クレジットカードのカードを作ることにしました。インターネットで調べると、たくさんのカードが出てきて、色々な人が「◯◯カードがオススメ」などと比較して言っていましたが、正直、どのような差があるのかわかりませんでした。

そんな時、大学時代の友人から、ANAカードの勧誘がありました。詳細を聞くと、マイレージカード兼クレジットカードを扱っているようで、直接会って細かく聞くことにしました。すると友人紹介もあり予めマイルが数千マイル付けてくれるとのことです。インターネットで得た情報と比較しても、私の求めていた物にこれが一番近いと思い、早速申し込みしました。

ANAカードだからANAを利用した時しかマイルがたまらないのかと思えば、スターアライアンスの飛行機を利用した時にもマイルがたまり、たまったマイルもANAの航空券以外にも交換できるのです。さらに、これから乗る分だけかと思えば、過去半年間に利用した分もマイル付与できるとようです。

ちょうど数か月前にスターアライアンスの飛行機を利用していたのでラッキーでした。海外旅行は航空券とホテルを別々に手配して行く時もあれば、パックツアーで行く時もあります。前者でしか、マイルがたまらないのかと思えば、後者でもたまるようです。たくさんマイルをためてどこに行こうか考えるのが楽しいです。

 

クレジットなしのETCカードが有ります

私は高速道路をよく使用しているのですが、今までETCは使用していませんでした。なぜ使用しなかったかというと、ETCを使用するにはクレジットカードが必要になるからです。私は今までクレジットカードを持ったことが無かったので、ETCの為に新たに作らなくてはならない事に抵抗感を感じていました。

ですから便利なものとは知りつつも、利用していませんでした。ですがクレジットカードを作らなくても、ETCが使えるという事を最近になって知りました。それはクレジットなしの、ETCパーソナルカードというものです。ふつうのETCカードの場合はクレジット機能で高速料金を支払うのですが、ETCパーソナルカードは指定した口座から引き落としになります。

またETCカードと異なる点はそこだけではなく、ETCパーソナルカードは供託金が必要になります。あらかじめ、年間に使用する高速料金と同じ金額を供託金として預けておくことで、利用することが可能になります。

供託金は解約時にきちんと戻ってきますので、損をする心配はありません。クレジットなしのETCパーソナルカードならクレジットカードを持たない主義の人や、ブラックで持てないという人のどちらも利用できます。

 

20代でもゴールドカードの審査に通ることができます

一昔前までは、社会人になり立ての20代の人がゴールドカードの審査に通過できることはまずありませんでした。そもそも、申し込み年齢を明確に30歳以上とするカードが多かったですから、申し込むことすらできなかったのが実情です。

年齢要件や年収要件を定め、その他にも有名企業に正社員として勤務していることや、勤続年数が最低でも5年以上あること、一定の役職に就いていること、自宅を保有していることなどを求めるカード会社が大半でした。そのように条件を厳しくすることによって、審査を通過してゴールドカードを手に入れることができた人に、自分は選ばれた特別な人間なんだという満足感を与えることができていたのです。

しかし、現在ではゴールドカードの審査基準がかなり緩和されており、20代の人でもカードを発行してもらえるように変わってきています。さらに高ステータスのプラチナカードやブラックカードが発行されるようになった影響が大きいですが、クレジットカード会社間の顧客獲得競争が激化したために、基準を緩和する方向に走った会社が多かったのです。

また、20代の人向けに特化されたカードも出てきていますので、就職したてで収入があまり多くない20代の人でも、加入できるケースが増えてきています。そういった傾向はゴールドカードのランキングというサイトが沢山でていることからも予想できます。どの会社がもっとも厳しくない審査でゴールドカードを発行できるのか競争しているようにも見えます。

 

ETCパーソナルカードを作った

最近、高速道路に乗る機会がが増えた。ETCカードの申し込みをしたら、作れませんでした。以前、クレジットカードの滞納があり、ETCカードもクレジットの審査をしていて、作れなくなってしまったようです。どうしても、ETCカードのメリットを使用したかったので高速道路のホームページを見て調べてみました。

そうすると、クレジット機能がないETCカード、ETCパーソナルカードがあるということに気付きました。このカードは、デポジットという保証金額を高速道路に預けて、高速道路会社の担保にするそうです。前払金ではないので、使った金額は、口座から引落されます。このデポジットの金額は、普段使っている月額料金の何倍かを支払ないといけないと決められています。

保証金は、解約する時に全額戻ってきますので、安心していいと思います。最初に初期コストがかかるのは、つらいがメリットの事を考えたらやはり作りたいと思いましたので、早速事務局に申込用紙を送って頂き、手続き内容を確認後返送しました。

その後事務局より振込依頼書が送ってきますので、コンビニ等で入金をして、事務局が入金を確認したら、ETCパーソナルカードが送ってきます。このように、ちょっと面倒な手続きがありますが、ETCパーソナルカードを作ることが出来ます。

 

ポイント蓄積の効率に魅力があるネクストのカード

クレジットカードの中には、一芸と呼ばれるタイプがあります。そのカードには、ポイントに関するメリットがあるのです。まずカードで料金の支払いをすると、所定のポイントが発生します。それは後でお金として使うことができるので、大きな魅力を感じる方も多いです。

そのポイントは、とても身近な存在です。普段の買い物などでも発生するので、決して軽視できません。ところでネクストなどのカードには、そのポイントの効率に関するメリットがあります。そもそもカードで発生するポイントは、それぞれ差があるのです。一気に大きなポイントが発生するカードもあれば、貯まりづらいカードなども見られます。

ネクストなどは、いわゆる一芸タイプに該当するのです。かなり効率良くポイントが貯まっていくので、それに魅力を感じる方々も少なくありません。日常生活で買い物をする機会はとても多い訳ですから、上記の効率をきっかけにネクストなどのカードを作っている方も非常に多いです。